ミネラルファンデーションが目に入って痛い‥。そんな時はどうする?

目

ミネラルファンデーションはパウダー状のファンデーションで、肌につけると粉が目に入って痛い‥と感じる人がいます。コンタクトレンズをつけている人は、そう感じる事が少なくありません。

ミネラルファンデーションはミネラルからできていて、肌には優しいけども目に入ると痛いです。特にナノ化しているミネラルファンデーションは、肌への吸着は良いけども細かい粒子が目に入って痛い場合もあります。

そんな時はどうすれば良いのか紹介しましょう。

ブラシをスポンジやパフに変えてみる

目にミネラルファンデーションが入ってしまって痛い場合は、ブラシをスポンジやパフに変えてみると良いです。ブラシでミネラルファンデーションをつけると、ブラシの毛についたファンデーションが舞ってしまいます。そして、それが目の周辺にミネラルファンデーションをつける時に、目に入ってしまうのです。

ブラシだとミネラルファンデーションがブラシに軽くついてしまいますが、スポンジだとブラシよりもファンデーションがつきやすいため、粒子が舞うのを防げる場合があります。また、スポンジだとミネラルファンデーションが肌につけ過ぎてしまうというならば、パフにするとスポンジよりも肌へつける量がコントロールしやすいです。

まずは簡単に目にパウダーが入るのを防ぎたいならば、ブラシをスポンジやパフに変えてみてはどうでしょうか?

コンタクトレンズを外してつける

眼科医では、コンタクトレンズをつけている人が目に違和感を感じたり、痛みを感じて来院する事が多くあります。そして、目を見てみると化粧品がコンタクトレンズや目についているから目が痛いという場合が多いです。

そんな時は、コンタクトレンズをつける前に化粧をするのをおすすめする場合もあります。ミネラルファンデーションも肌につける前にコンタクトをするのではなくて、ファンデーションをつけてからコンタクトをする事で、目が痛くならない場合があります。

ただし、その時はファンデーションをつけた後に手をしっかりと洗わないと、コンタクトが汚れる原因になります。また、コンタクトをつけた時に、コンタクトについた装着液が目から垂れてファンデーションが少し崩れる場合もあるので、そうなったら綿棒で水分を拭き取り、ミネラルファンデーションも綿棒でつけるなど工夫しましょう。

コンタクトレンズをつける前に化粧をすると、見にくくて化粧がしずら場合もあります。そのため、目の視力があまりにも低い人にはおすすめしません。

リキッドのミネラルファンデーションにする

目にパウダーが入ってしまうならば、パウダーではなくてリキッドタイプのミネラルファンデーションを利用すると粉が舞うのを防げます。リキッドのミネラルファンデーションは、乾燥肌を防ぐ事ができるというメリットもあります。

ただし、リキッドのミネラルファンデーションには油分なども含まれているので、ミネラルのみで作られたファンデーションではありません。そして、クレンジングオイルを利用しないとメイクオフできないので、敏感肌の人はパッチテストをしてから利用しましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です