カバー力が高い化粧品はファンデーションにする?それともコンシーラー?

女性

肌をきれいに仕上げたいとなったら、どうやってシミや毛穴などをカバーしていくかが問題ですよね。

だけども、カバーしたいと一言で言っても、どこのなにをカバーしたいのかは人によって違うと思います。

「頬にあるソバカスをカバーしたい。

」という人もいるかと思いますし、「鼻にある毛穴の黒ずみをカバーしたい。

」という人もいるでしょう。

そこで、どんな時にどんな化粧品でカバーをするのか、説明していきます。

広い範囲をカバーしたいのならば‥

「頬にあるソバカスをカバーしたい」のように、広い範囲にあるそばかすやシミ、赤み、黒ずみなどをカバーするのであれば、ファンデーションでカバーしていきます。

パウダーファンデーションよりも、リキッドファンデーションの方がカバー力は高いので、リキッドを使うのがおすすめです。

リキッドファンデーションのメリットは、肌の吸い付きが良いです。

だけども、商品によってはべたべたしてしまうものもあるので、必ずテスターを使ってからファンデーションを買いましょう。

カバーしたい場所があるからといって、リキッドファンデーションを何重にも塗るのは禁止です。

厚塗りになってしまいます。

ファンデーションだけでカバーできなければ、カバー力が高い下地を使用しましょう。

部分的にカバーしたいのならば‥

「鼻の毛穴をカバーしたい。

」のように、カバーしたい部分が部分的なものならば、ファンデーションではなくてコンシーラーを使うようにしましょう。

ファンデーションは、パウダーファンデーションがおすすめです。

パウダーは軽い仕上がりになるので、カバーしなくてもいいぐらい綺麗な肌の部分にぴったりです。

コンシーラーをしてから、パウダーファンデーションを塗るのが鉄則です。

ただし、もしもリキッドファンデーションを塗るのであれば、コンシーラーはファンデーション後に塗ります。

そして、パフで仕上げをします。

カバーしながらも、スキンケアを忘れないで!

カバー力が高い化粧品で欠点を直す事ができても、大事なのは欠点がない肌を作る事です。

メイクをオフしたら、スキンケアを忘れないようにしましょう。

毛穴が目立つのであれば、蒸しタオルで毛穴を開かせてから洗顔するのがおすすめです。

また、エステでは毛穴洗浄もやっているので、体験に行ってみるといいですよ。

最近は勧誘が激しくないエステも多いので、体験しやすいと思います。

もしもシミやソバカスをカバーしたかったのならば、美白美容液を使ってシミやソバカスを薄くしていくと良いでしょう。

カバー力が高い化粧品を使うのも大事ですが、スキンケアはもっと大事です。

美容液入りファンデーションも最近はリリースされているので、そういった商品を使うのもありですよね。

カバーしたい場所や、カバーしたいものによって化粧品を変更していくと、厚塗りにならない化粧ができます。

また、カバーしなくてもいいように、スキンケアを怠らないようにしましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です