目元を明るくして肌全体をきれいに見せていく

女性

目元って大事ですよね。

クマや化粧の色素沈着、シワ、たるみなど、疲れや加齢は目元によく現れます。

そのため、そういったマイナスの要素を化粧でなくしてあげるのが肌をきれいに見せるための方法でもあるんです。

そのために必要なのが、コンシーラーです。

目のクマには、黄色かオレンジコンシーラー

目の下にクマがあると、肌は途端に汚く見えます。

「目は口ほどにモノを言う。」ということわざがあるように、目にクマがあると暗い印象になってしまうからです。

逆に目の周りが明るいと、明るい印象になります。

そして、全体的な肌の色もきれいになっていくんです。

そんな目のクマには、黄色やオレンジのコンシーラーを使っていきます。

どちらの色がいいかというのは、目元の色を見るようにしましょう。

まず、寝不足でクマができてしまうのは、目元の血行不良からです。

クマが青黒くなります。

そういったクマの場合は、青の反対色であるオレンジのコンシーラーを塗ります。

すると、きれいに青黒色が隠れて目元が輝きます。

もしクマが、アイラインやアイシャドーなどの色素沈着で茶色になっているのならば、それらを隠すために黄色いコンシーラーを使います。

黄色は肌に近い色なので、色素沈着でも自然にクマを隠す事ができるんです。

シワには、ファンデーションと同じ色か暗い色を

もしも目にクマはなく、シワがあるのならばコンシーラーは肌と同色にします。

または、少しファンデーションより暗い色でもいいです。

なぜなら、目の下が明るい色で極端に明るくなってしまうと、他の肌の色よりも目が浮いてしまうからです。

目の下は、光と影でいうならば影の部分です。

そのため、ファンデーションで明るくしすぎないように注意しましょう。

メイクブラシで少しずつコンシーラーを塗る

クマやシワなど、隠したいものが決まったらコンシーラーを肌につけていきます。

この時は、コンシーラーを指でつけないようにします。

指だと、コンシーラーが余分にのせやすくなってしまいます。

また、目元は範囲が狭いのに指を使うと、上手く欠点が隠れません。

目のキワにもコンシーラーをつける必要があるので、指だと大きすぎるんです。

だから、コンシーラーをつけるならば細いメイクブラシやアイシャドー用のチップにしましょう。

一気にコンシーラーをつけないで、少しずつのせていくのがコツです。

一気にのせると、厚化粧になってしまいます。

また、余計にシワが目立ってしまう場合もあります。

メイクブラシやチップでコンシーラーをのせて伸ばしたら、次にスポンジで軽く押さえて肌に馴染ませます。

これだけで目元が美しくなって、肌がきれいに見えるんです。

コンシーラーは、使い方を間違えると肌色が浮いてしまったりなどの失敗のもとになってしまいます。

しかし、きちんと使えば目元を明るくして肌をきれいに見せてくれます。

人の第一印象は目元で決まりやすいですよね。

だから、目元をきれいにするのが肌をきれいに見せて印象良くする方法なんです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です