肌をきれいに見せる色はピンクだった!

毎日の化粧でも、より肌をきれいに見せたいという思いはありませんか?肌をきれいに見せる方法は色々とありますが、肌をきれいに見せる色はピンクなんです!ピンクを化粧で上手に使っていくと、肌はきれいに見えます。

なぜなら、ピンクは華やかな色で暖かい色だからです。

ピンクの服を着ている人は、女性でも男性でも優しく見えたり、柔らかい印象になりますよね。

化粧も同じで、ピンクを取り入れる事で肌が華やかになり、きれいに見えるんです。

チークをピンクにする

ピンクを化粧に取り入れるのに、一番簡単なのがチークをピンクにする事です。

チークは肌のシワやシミなどを隠すためのものではありません。

そのため、肌をきれいにするのはあまり向いていない化粧品のように思えます。

しかし、チークは化粧に華をそえてくれるアイテムです。

チークがないと、のっぺりした印象にもなってしまいます。

さらにチークがあると、血色が良い顔にも見えます。

血色が良いのは、肌がきれいに見える事につながるのでチークをピンクにするのは、肌をきれいに見せるポイントなんです。

チークはオレンジもありますが、肌をきれいに見せて、華があるのはピンクです。

オレンジよりもピンクの方が血色良く見えるので、ピンクチークがおすすめです。

下地をピンクにする?

ピンクにするのは、チークなどの化粧に彩りを添えるものだけではありません。

見えないところにピンクをいれると、肌がきれいに見えます。

その見えないところとは、下地です。

下地をピンク系にするというのが、化粧好きな女性の間で話題になっています。

なぜ話題になっているのかというと、ピンクはくすみをカバーしてくれるからです。

血色良く見えるのがピンクのメリットなので、くすんだ肌を隠して肌をきれいに見せてくれます。

ピンクの下地が似合うのは、肌の色が白い人です。

色白さんって、ファンデーションを白くしたりと白くするのに力を入れてしまいがちですが、ファンデーションを白くするよりもピンク下地にした方が肌の透明度が上がります。

下地をしっかりすればファンデーションは厚くならないので、ピンク下地に代えてみてはどうでしょうか?

コンシーラーをピンクにすると‥

下地をピンクにするのと同じく、コンシーラーをピンクにするという方法もあります。

コンシーラーは肌の欠点を隠すためですが、ピンクのコンシーラーはハイライトのようにつかうのがおすすめです。

下地と同じく、肌のくすみを隠して肌をきれいに見せてくれます。

ピンクのコンシーラーも、色白さんにおすすめです。

春になると、ピンク色のコスメが流行りますよね。

それをきっかけに、ピンク下地やピンクのコンシーラーを使ってみてはどうでしょうか?今までとは違う自分になれるかもしれません。

ポイントは、ピンク系の下地を使ったらファンデーションをベージュにする事です。

ファンデーションを白くすると、顔が赤くなってしまうので注意しましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です