肌に優しくて崩れにくいVINTORTE(ヴァントルテ)のミネラルファンデーション

肌への負担を気にしないでもいいというのがミネラルファンデーションの強みです。しかし、強みはあっても弱みもあります。それは、ミネラルファンデーションはずっと肌につけていると崩れやすいという点です。

素肌のような軽い仕上がりになる代わりにファンデーションの持ちはあまりよくない商品もあります。ミネラルファンデーションを選ぶ時は、崩れにくさに特徴があるVINTORTEのミネラルファンデーションを選ぶと良いでしょう。

ヴァントルテのミネラルファンデーションは崩れにくい

実験でヴァントルテのミネラルファンデーションに霧吹きをかけて、汗を皮膚がかいたようにしました。すると、他社のミネラルファンデーションは霧吹きによって水分を含んでしまい、ファンデーションが滲んで崩れていきましたがヴァントルテのミネラルファンデーションは、霧吹きの水を撥水して滲みませんでした。

これが特殊コーティングというものです。汗をかいてもコーティングする事で化粧崩れをカバーし、夕方までファンデーションが長持ちします。ミネラルファンデーションなのに、崩れないというのがヴァントルテです。

シルクの力で保湿も紫外線カットも手にいれる

ヴァントルテには、シルクが配合されており、そのシルクには18種類のアミノ酸が含まれています。アミノ酸はタンパク質でファンデーションをつける肌もタンパク質からできています。

そのため、肌と一緒の性質のものをつけている事になるのです。だから安心のファンデーションなのです。

さらにシルクには、保湿成分があります。肌は加齢により水分が失われやすい体質になってしまうため、ヴァントルテできちんと保湿してあげれば年齢肌に負けない肌になります。

乾燥からも肌を守る事ができ、ファンデーションをつけていながらも潤いを感じる事ができます。肌に潤いがないと、ニキビ肌の原因にもなってしまうので保湿はどんな肌質の人でも第一に考えるべき事です。そして、そのためにヴァントルテはあります。

さらにシルクのすごいところは、紫外線対策(SPF20PA++相当)までできてしまうところです。日焼け止めのように外でのスポーツの日焼けをカットする力まではありませんが、日常生活で浴びる生活の中での紫外線ならばカットできます。

毎朝、日焼け止めとファンデーションを顔につけているというならば、これからは1個のファンデーションを塗れば良いので楽ですよね。

そしてシルクといったら、なんといってもその絹のなめらかさです。絹を手にした事がある方ならば分かると思いますが、絹は手触りが良くて光を反射します。その輝きは優しく、まるでパールのようです。ヴァントルテはミネラルシルクファンデーションとあるように、シルクの良さを存分に発揮しています。

肌にファンデーションをつけると優しく輝いて肌をなめらかに美しく輝かせてくれます。

デビューセットに入っているパフは柔くて優秀

ヴァントルテのファンデーションを試してみたいとなったら、おすすめはデビューセットです。ファンデーションの色を二種類選ぶ事ができて、さらにパフまでついてきます。
おまけのように思えるエアリーパフですが、実はかなり優秀なのです。

パフは、柔らかい素材を使用しています。固いパフだとパウダーのりが悪く、肌に不快感を与えます。そのため、パフは柔くして肌にストレスをなくしてくれるのです。そして、パウダーファンデーションの中にパフをしまえるため、パフでポーチや化粧台が汚れてしまう事もありません。

使い方は簡単で、パフにファンデーションをつけて、まずはパフを手の甲にポンポンとのせます。そうする事で、余分なパウダーが落ちて肌にパウダーがきれいにのります。それが終わったら、ファンデーションをパフで顔にのせるだけです。

ヴァントルテのファンデーションは下地がいりません。洗顔して、化粧水や乳液をつけたらもうファンデーションをのせて大丈夫です。洗顔料で落ちるファンデーションなので、肌への負担は少ないです。また、しっかりとカバーして化粧崩れしないファンデーションなので下地はいらないのです。

シルクパウダーファンデーション

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です